「ソーシャル・メイクアーティスト協会の概要」
名  称 ソーシャル・メイクアップアーティスト協会(SMAPA)
設  立 平成26年6月吉日
代表理事 北川 太一
住  所 東京都渋谷区渋谷2丁目7−14
電  話 03−6427−5024
F A X 03−6427−5026
<目  的>
本協会は、ヘア・エステ・メイクのトータルビューティ及び、接客マナーの
一貫としてのビジュアル・メイクの技術を開発し、スペシャリストとしての
ヘアーメイクアーティストを育成する事を基本目標とします。
ヘアサロンやエステティックサロン等の美容業態におけるメイクメニューの
導入とメイク技術の社会的な普及を目指し、さらには、高齢者向けメイクや、
リハビリメイクといった社会貢献的な分野へのソーシャル・メイク技術としての
活かし方を提案します。
接客マナーの一環として、さまざまな企業のビューティーアップセミナーの
提案をしています。
<事  業>
1 メイクアップ技術の研究開発
2 メイクアップ技術の啓蒙・普及推進PR
3 メイクアップバリエイションの流行発信
4 メイクアップ技術の教育研修
5 メイクアップ技術の資格認定制度の運用
6 メイクアップ関連製品・機器の販売
7 メイクアップ施術のブラザーFCシステム事業の運営
8 高齢者の健康美容増進を目的とする事業
9 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
<当初の具体的研究・検証・普及対象>
1 メイクアップスクールの開校
2 メイクアップアーティスト資格認定制度の運用
3 メイクアップ施術のブラザーFCシステム事業
4 メイクアップ関連製品・機器の販売
  <役 員> HP
代表理事 北川 太一 泣hゥアップコーポレーション代表取締役
ヘアー・メイクアップインストラクター
常務理事 中野 愛之 ビジネスプロデュースセンター代表
常務理事 渡邊 あかね 潟Aスタナ代表・一般社団法人国際美容機構代表
理  事 黒田 清子 カリスマ国際トップモデル・モデル育成講師
監  事
名誉顧問
特別顧問
事務局長 中野 愛之 (常務理事兼任)
IT管理 松田 博明
<協会組織図>